【HTML】ドットインストール#6-7【Web学習】day5

【HTML】ドットインストール#6-7【Web学習】day5
2020年1月12日

ドットインストールの練習を始めます。
その前に毎日の日課であるタイピング練習をしましょう。
基本的に毎日タイピング練習からのドットインストールの流れで学習していきます。

タイピング練習


タイプ数11011012098121140 
ミスタイプ9891167 
正解率91.892.292.588.795.095.0
秒速1,681,71.851.451.912.21
得点291316338186416480
タイプ数146131117121131131 
ミスタイプ791910711 
正解率95.293.183.791.794.691.6
秒速2.312.011.631.852.062
得点50838977.3318438340
タイプ数147143162161133145 
ミスタイプ77411114 
正解率95.295.197.593.191.797.2
秒速2.332.222.632.502.032.35
得点513494657480349578
タイプ数131141169170162155 
ミスタイプ9711899 
正解率93.195.093.495.294.494.1
秒速2.032.232.632.702.552.4
得点389485517596534501
タイプ数161166156147155139 
ミスタイプ8912556 
正解率95.094.592.396.596.795.6
秒速2.552.612.402.362.502.21
得点554552432562600500
タイプ数156166148142159149 
ミスタイプ61710848 
正解率96.189.793.294.397.494.6
秒速2.502.482.32.222.582.35
得点580355444465643498
タイプ数142145155136165162 
ミスタイプ610161159 
正解率95.793.189.691.996.994.4
秒速2.262.252.312.082.662.55
得点514430328363646534

タイピングの練習結果と今後の課題


今日のタイピング練習時間は60分です。

回数は42回練習しました。1回は60秒です。

総タイプ数は6044回/42回=143.3回/60秒

ミスタイプ数は361回/42回=8.59回/60秒

これが今の実力です。一週間毎にデータを集計してレベルアップしているかどうか確認していきます。

【タイピングの課題】

  • cは結構慣れてきたので昨日よりはスムーズに押せるし、cの後の文字も押すことができた
  • 「v」でミスタイプが連続してしまった
  • 「x」は絶望的に打てていない
  • <dfn></dfn> <!DOCTYPE html>これらがすごく苦手だった。特にDOCTYPEは激むずですね。大文字がShiftキーを押しながらとなるんだけど、文字によって右のShiftキーを押さなきゃいけなかったり、右を押さなきゃいけなかったり。すごく難しい。

こんなところでした。このタイピング数やミスタイプの数が練習によってどのように早くなっていくか楽しみですね。

今週の短期目標は1月19日までの一週間で
タイプ数のアベレージが160回/60秒以上、ミスタイプ数がアベレージ7回/60秒以下を目標とします。

ドットインストールで学習♯6 文書全体につけるタグを見ていこう


ドットインストールの♯6の学習です。

【覚えたこと】

  • <!DOCTYPE html> を使ってファイルの冒頭でこれはHTML文書ですよ、という宣言をする
  • <html></html>:ここからここまでがhtml文書だよと記しをつける。また、htmlタグにはlang(ランゲージ)属性をつけられる。これはlang=”ja”で、これは日本語の文章だよという意味を持たせる。
  • <head></head>:この文書「自体に関する情報」はheadタグを使う
  • <body></body>:この文書の「本文」にはbodyタグを使う
  • Altキー+上下:vsコードでは、選択した行を上下に動かすショートカットキー

ドットインストール♯7 文書に関する情報を設定しよう


【覚えたこと】

  • <meta>:文字コードを設定する。属性はcharset=”utf-8″と書く。
  • <title></title>:この文書のタイトルを設定するタグ
  • faviconの設定:faviconとは、サイトとかに表示されるアイコンのこと。
  • <link>を使用してfaviconを設定する。rel属性をiconとして、faviconのファイル名はhref属性に指定する
    <link rel=”icon” href=”~~.ico”>
  • 説明分を入れる:<meta name=”description” content=”ここに説明文を入れる”>
  • 上の説明に関しては大事で、将来的に作成したページをインターネットに公開した時に検索エンジンが説明用の文章として使うこともあるので丁寧に書くべし。

【わからなかったこと】

  • そもそも文字コードってなに?
  • charset=”utf-8″ の部分が良くわからない。文字コードはこのutf-8以外使わないから<meta charset=”utf-8″>で固定ってことかな? ルーチンのように毎回これを設定するのかな?
  • rel属性とhref属性がまだわからない
  • rel属性の後は必ずiconを入れるの?

わからなかったことを純粋に書き出してみました。

たぶんプログラミングをかじっている人からしたら、まじでそんなこともわからないの?ってレベルのことがわかっていないのでしょうね。0から始めているので私の現在の能力はこんなものです。わからなければ調べればいいのです。学べばいいのです。がんばりましょう。

 次回は「未定」をお届けしたいと思います。是非ご覧くださいね。
 以上、ブロガーキムタッカーでした。また来週!