ケトジェニック中のアルコールは良いの?

ケトジェニック中のアルコールは良いの?
2020年1月6日

お酒が好きな人は世の中にいっぱいいますよね。でもダイエットもしたい。そんな葛藤は誰しもが抱くと思います。今回はそんなあなたにダイエット中にはアルコールを飲んでもいいのかというお話をしたいと思います。

アルコールは何キロカロリー?


そもそもあなたはアルコールは何キロカロリーあるか知っていますか?

ケトジェニックって何?」でも書きましたが、三大栄養素であるタンパク質、脂質、炭水化物には

それぞれ1gあたりのカロリーが決まっています。

おさらいすると、タンパク質と炭水化物は1gで4kcalで脂質は1gで9kcalでしたね。

ではアルコールは1gで何キロカロリーなのか?

答えは1gで7kcalです。

アルコールで生きる!


なーんだ、アルコールって1gでたったの7kcalなんだ。

まぁ、タンパク質とか炭水化物よりは太りやすいけど、脂質よりは全然ヘルシーじゃん。

ってことは、脂質を減らして肉とか魚(タンパク質)と米(炭水化物)とアルコールで生活すれば

いいじゃん。ダイエットって楽勝だな。

と思ったそこのあなたへ。

人生そんなに甘くねーんです。

ここまで楽観した考え方になる人は居ないと思いますが、ご飯を減らせばアルコールを飲んでもOKじゃん

という考えに至る人は結構いるはずです。




甘い笑

その考え、激甘です。

それはなぜかというと、

アルコールというのはほかのエネルギーの代わりにはならないからです。

エネルギーの代替


あなたは「代替エネルギー」って聞いたことがありますか? 

簡単な例であげると石油代替がありますね。

寒いから石油ストーブを付けたいとします。ところが石油が無くなってしまいました。

このままでは凍えてしまうので、石油ストーブに代わって体を温める方法が必要ですよね。

そこで天然ガスを使ってお湯を沸かしてお風呂を焚いて暖をとる。

または原子力発電所が作った電気を利用して暖房を使って暖をとる。

など、「」わりの方法に「」える必要がありますよね。これが「代替エネルギー」です。

実は体の中でもエネルギーを代替しているんです。

主な栄養素として三大栄養素がありますよね。

これらはどれかが不足するとなんとか体の中の材料を使って補おうとするんです。

この能力を利用したのが「ケトジェニックダイエット」ですよね。

※別記事の「ケトジェニックダイエットって何?」と「ケトジェニックダイエットって本当に痩せるの?

もご覧ください。

炭水化物を極限まで減らして、飢餓状態にすることで体の中を緊急事態にします。

すると人間の体は優秀なので周りの材料(付着した中性脂肪や内臓脂肪)を壊して

体を動かすエネルギーにするんです。なので痩せるんです。これがケトジェニックダイエットの理論です。

アルコールは他のエネルギーになるのか?


答え。なりません。

まぁ見出しに他のエネルギーになるのか? なんて書いてあるくらいですからね。

察しがいいあなたらな気づいたと思いますが、

アルコールは他の栄養素の代わり、つまり体を動かしたり作ったりするエネルギーには

ならないのです。



アルコールが別名「エンプティカロリー」と呼ばれている所以です。

エンプティ=空のって意味ですよね。つまりなんの意味もないカロリーなんです。

つまりは、ただただ太るだけのカロリーってこと。

こうして文字にすると怖いですよね笑

でも実際そうなんです。禁酒時代なんてのがあったけど、人類は滅んでいない。

つまりはそういうことなんです。アルコールは生命を維持する上では必要ないんですよ。

ここで注意して頂きたいのですが、「生命を維持する上では」ってことが大事ですよ。

お酒は悪なのか?



私はめっっっちゃお酒が好きです。

まぁ毎日飲みはしないけど、それでもお酒を飲むのが好きです。

なぜかと言うと、ストレス発散や仲間との交流など、娯楽やメンタルの調整としての要因としてです。

そういう意味ではお酒は非常に大事。メンタルの調整ってめちゃ大事だからね。



エネルギー的な意味での生命維持には必要ないけど、

生活の質を上げるためにはお酒は必要だと個人的には思っています。







だってさ、考えてみてよ。あなたはなんの為にダイエットするの?ってことです。

モテたいため。結構ですね。

生活習慣病を予防したいため。とても良いと思います。

大好きな娘にデブと言われたくないため。気持ちわかります。




でも、それって、そこがゴールじゃなくて、その先がありますよね。

異性に好感を持たれて、「幸せな結婚をする」とか、

生活習慣病を予防して「健康に長生きしたい」とか。

つまりは生活の質をあげるために行動するんですよね。

じゃあお酒を飲んで、飲みにケーションが生きがいという人はどうしますか?

そんな人がお酒を止めたら人生つまらんですよ。

そうじゃなく、少し飲む量を抑えるとか、飲むお酒の種類を変えるとか、

色々工夫できるんです。工夫してなんとかダイエットもお酒も頑張りましょうよ。

私はそうするつもりですよ。

ちょっと長くなったので、ケトジェニックダイエット中はどんなお酒を飲んでもいいのか

については次回の記事にしたいと思います。



 次回は「まだ未定」をお届けしたいと思います。是非ご覧くださいね。
 以上、ブロガーキムタッカーでした。また来週!